延岡市社会福祉協議会 介護保険等

介護保険等に関すること

介護保険制度は、みんなで支え合う制度です。延岡市が保険者となって運営しています。40歳以上の方は、加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となったときには、費用の一部を支払って、サービスを利用できる仕組みのことです。

介護保険サービスを受けるまでの流れ

延岡市社会福祉協議会で取り組んでいる介護保険事業は、以下のとおりです。

要介護の認定を受けた方に対する計画作成や
サービス調整等をする事業
介護予防支援事業

在宅の要介護認定を受けた方が、
介護サービスを利用できるように計画作成等をする事業
居宅介護支援事業

ホームヘルパーが居宅を訪問し、
生活援助や身体介護などの介護サービスを行う事業
ホームヘルプサービス

日帰りで、入浴や食事などの日常生活の支援や
生活行為向上のための支援を行う事業
デイサービス

介護予防支援事業

 要支援1または要支援2と判定された方及び要支援者に相当する状態等の方に対して、要介護状態へ移行することを予防する観点から、介護予防ケアマネジメントを行うものです。
・介護保険に関する手続き(申請等)の代行
・介護予防サービス計画の作成
・介護予防サービスの目標に沿ってサービスが提供されるよう、サービス提供機関との連絡調整等

指定居宅介護支援事業所:0982-32-6575 北方指定居宅介護支援事業所:0982-47-3294 北浦指定居宅介護支援事業所:0982-45-2427

▲ ページトップ

居宅介護支援事業

要介護認定を受けた方の自立支援を目的とし、介護支援専門員により以下のサービスを提供します。
・介護保険に関する手続き(申請等)の代行
・介護サービス計画(ケアプラン)の作成
・介護サービス計画(ケアプラン)の目標に沿ってサービスが提供されるよう、サービス提供機関との連絡調整等

要介護認定からサービス提供までの流れ

更に詳しくお知りになりたい方は、お近くの各事業所までお問い合わせ下さい。

指定居宅介護支援事業所:0982-32-6575 北方指定居宅介護支援事業所:0982-47-3294 北浦指定居宅介護支援事業所:0982-45-2427

▲ ページトップ

ホームヘルプサービス

訪問介護事業・介護予防訪問介護事業・居宅介護事業

介護保険や障害福祉サービスでは、日常生活を営む事が難しくなった要介護者や障がいのある方が、自分らしく自立した在宅生活が送れるように、ホームヘルパーがご家庭に赴き、入浴、排せつ、食事の介護等日常生活上のお世話を行います。

サービス内容

移動支援事業(ガイドヘルパー)

屋外での移動が困難な障がいのある方に、外出のための支援を行います。

社会福祉協議会のホームヘルパーは、次の事に心がけて訪問します。

  1. 利用者との会話を大切にし、考え方などをしっかり聞きます。
  2. 利用者のプライバシーを大切にします。
  3. 身だしなみや言葉づかいに気を付けます。
  4. 利用者のペースに合わせ、急がさないこと。
サービス提供地域 延岡市全域(島浦町を除く)
職員体制 サービス提供責任者 4名  ホームヘルパー 30名

事業所指定訪問介護事業所:0982-32-6570

▲ ページトップ

デイサービス

通所介護事業・介護予防通所介護事業

デイサービスでは、介護保険法における要支援及び要介護状態と認定されたご利用者に、日帰りで入浴や食事、レクリエーションなどのサービスを提供いたします。延岡市社会福祉協議会では、『北方デイサービスセンター』と『曽木デイサービスセンター』の2か所を運営しております。

喜多方デイサービスセンター:0982-47-2260 曽木デイサービスセンター:0982-47-2384

デイサービスセンターでは、皆様のご相談や見学に応じております。どうぞ、お気軽にお越しください。

▲ページトップ

延岡市社会福祉協議会
本所:0982-32-6555
北方支所:0982-47-3294
北浦支所:0982-45-2427
北川支所:0982-46-2123

延岡市社会福祉協議会とは

寄付金のお願い


赤い羽根・歳末助合募金