延岡市社会福祉協議会  各種相談

各種相談に関すること

普段の生活の中での様々な問題に対し、専門の相談員が対応しております。
社会福祉協議会では、以下のような相談対応をとっております。秘密は厳守いたしますので、お気軽にご相談下さい。
なお、メールによるご相談は対応致しかねますので、来所または電話にてご相談ください。

普段の生活の中での様々な相談
ふれあい福祉相談
法律に関することなどの相談
無料法律相談
日常生活に不安がある方の金銭管理などに関する相談
あんしんサポートセンターのべおか
障がい児・者やその家族などの生活上の相談
障がい者相談支援 ぱれっと
介護・福祉・医療等の様々な困りごとを相談する場
地域包括支援センター
通常の移送が困難な方の月1度の移送サービス
移送サービス
低所得者の緊急時のお金の貸付などに関する相談
生活福祉資金・市民助合資金
生活や仕事、お金のことなどでお困りの方へ相談・支援
のべおか自立支援相談センター

ふれあい福祉相談|無料法律相談

専門福祉相談員と心配ごと相談員(民生委員児童委員)が、市民の日常生活上に発生する生活、福祉問題など、あらゆる心配ごとの相談に応じます。また、場合により専門の相談機関をご紹介します。 月に1度の弁護士による無料法律相談も開催しております。相談は無料です。また秘密は厳守いたしますので、お気軽にご相談ください。

ふれあい相談室

相談室連絡先

無料法律相談室

※要予約となります。お早めに電話か来所してご予約下さい。 
※相談時間は、1人30分となります

相談室連絡先

▲ ページトップ

あんしんサポートセンターのべおか

利用対象者

1)認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者などで、日常生活上の判断に不安のある方。
2)あんしんサポートセンターとの契約内容について理解できる能力をお持ちの方。

サービスの種類

サービスの種類

利用料

相談は無料ですが、契約後の援助には利用料が発生します。
1)1回1時間まで1000円(以降30分ごとに500円加算)
2)生活支援員の移動に要する費用(訪問先や金融機関へ行く場合の交通費)

※書類等の預かりサービスを利用される際には、貸金庫の利用料が必要な場合があります。
※生活保護を受けている方は、貸金庫の利用料を除いて無料です。

サービス開始までの流れ

サービス開始までの流れ

お問い合わせ・ご相談は、下記まで電話にてご連絡下さい。

サービス連絡先

▲ ページトップ

延岡市障がい者相談支援センター 「ぱれっと」

在宅生活、または、これから生活を考えている障がいのある方やそのご家族をサポートします。 地域や家庭で安心した生活を送れるように様々な心配ごとやご相談を受け、関係機関との連絡調整を行い総合的に支援します。

具体的な内容

1)福祉サービスの利用
>地域で自立した生活を送れるように各福祉サービスの利用 ・援助を行います。
・生活相談 ・各サービスの内容説明 ・サービスの利用手続き支援

2)社会資源を活用するための支援
>地域での生活をより良くしていただくため、地域の社会資源を活用していただけるよう支援を行います。
・さまざまな社会資源の情報提供や利用の助言 ・福祉機器等の紹介・住宅改修、改造の相談
・専門的技術を有する方の紹介

3)社会参加を高めるための支援
>自立した生活を送るために、何が必要なのかを一緒に考えていきます。
・地域で生活するための相談 ・生活情報の提供 ・就労、人生設計等の相談 ・趣味、余暇活動の相談

サポートスタッフ

サポート

障がい者生活支援事業所ぱれっと:0982-32-6551

▲ ページトップ

地域包括支援センター

高齢者の皆さんが住みなれた地域で安心してくらしていけるよう、介護・福祉・医療等さまざまな面から支えていくために作られました。 簡単に言えば、高齢者の皆さんやそのご家族が生活していく中での困りごとを相談するための場所です。お気軽にご利用ください。

<包括的支援事業>

1)健康や福祉・医療など、生活する中でお困りのことやご心配なこと、「どこに相談するのかわからない」といったお悩み等の相談。
2)皆さんの生活を支える地域の介護支援専門員への後方支援のほか、医療機関等の様々な関係機関との連絡調整。
3)高齢者の虐待や悪質な訪問販売、リフォーム詐欺などの相談。 お金の管理や契約などに不安のある高齢者の方に、《成年後見制度》や《日常生活自立支援事業》の手続き等の相談。
4)平成18年に『高齢者虐待防止法』が施行されました。この法律に基づき、高齢者虐待の早期発見。

<介護予防支援事業>

介護保険で『要支援1』『要支援2』と認定された方に対して、その人の生活に合わせた支援計画の作成。要支援・要介護状態になる恐れのある方の支援。介護保険サービス以外のサービスの案内。

虐待を発見したら・・・延岡市高齢福祉課または地域包括支援センターにご連絡ください。

<生活支援体制整備事業>

65歳以上の高齢者が、いつまでも住み慣れた地域で自分らしく暮らし続ける地域づくりを目指して、地域の中で不足しているサービスや住民の相互の助け合いを把握し、今ある地域資源や新しい社会資源に働きかけ、生活支援、介護予防サービスの提供体制の構築に向けた調整を行う生活支援コーディネーターを配置。

<認知症施策推進事業>

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けるために、医療機関や介護サービス事業者、地域での認知症の人を支える仕組みづくりを行う認知症地域支援推進員を配置。

包括センター連絡先

▲ ページトップ

移送サービス

家庭において移送が困難な身体障がい者・高齢者に対して、リフト付き乗用車を利用して移送を行うサービスです。

利用対象者

延岡市内に居住され、下記のいずれかに該当する方
1)身体障害者手帳 1級・2級を所持されている方
※グループホーム、有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、障がい者専用住宅に入居の方も該当 2)要介護認定 4・5 を受けている方 3)車イス常用 又は ストレッチャーを使用されている方

利用の目的

延岡市内において、通院・入退院、福祉施設への通所・入退所、散髪、買い物等をする時、公共機関の利用や研修会等への参加

利用できる日時

利用したい日の1か月前から1週間前までにご予約ください(厳守)
曜日:月曜日〜金曜日(土・日・祝祭日及び年末年始はご利用できません) 時間:09:00〜17:00

利用回数

月1回まで

利用料金

利用料は無料です。
ただし、船賃等実費についてはご利用者様負担となります。

利用するには

ご利用の流れ

お問合わせ…0982-32-6555

▲ ページトップ

生活福祉資金貸付・市民助け合い資金貸付

生活福祉資金貸付事業

低所得者世帯・障がい者世帯・高齢者世帯に対して民生委員および社会福祉協議会が必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立および生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるよう支援することを目的とする貸付制度です。

市民助け合い資金貸付事業

市内に住民登録を行って6か月以上経過し、かつ現実に市内に在住し、その日の生活に困窮している低所得者世帯に対して小口資金の貸付を行っています。

資金表

お問合わせ…0982-32-6555

▲ ページトップ

のべおか自立相談支援センター

 生活や仕事、お金のことなどでお困りの方、ひとりで悩まずご相談ください。どうしたら良いかを一緒に考え、安心した生活がおくれるよう、状況に応じた支援を行います。

 ☆延岡市に住んでいて、生活費、家賃など経済的に困っている方
 ☆自立した生活を送りたいが、収入が不安定で心配な方
 ☆子どもが引きこもりで、自分は高齢なので、将来が不安な方 など

   ◎受付日    月〜金(年末年始・祝日を除く)
   ◎受付時間   9:00〜16:30
   ◎場 所    延岡市社会福祉センター内

 社協では食糧支援(フードバンク)に取り組んでおり、食料の寄付を募っております。詳しくはこちら(PDF:68KB)

お問合わせ…0982-20-6111

▲ページトップ

延岡市社会福祉協議会
本所:0982-32-6555
北方支所:0982-47-3294
北浦支所:0982-45-2427
北川支所:0982-46-2123

延岡市社会福祉協議会とは

寄付金のお願い


赤い羽根・歳末助合募金